羈旅的日剰備忘録

或る種の逃避記録

本日の發掘現場

舊暦十月五日 先週より粘土に近いシルト層と遭遇し、湧水下よりごろっと採取。また練り練りして實験してみるだ。

かわらけたそがれ

舊暦十月四日焼成實験覺書材料は遺跡採集のシルトであるが、良く練れば平坦な造形は可能。1~2日の天日乾燥を経て七輪での焼成の結果、罅割れや胎土の崩れは無し。色調は7.5YR6/8橙色~5/6明褐色。遺跡出土のかわらけは土中のミネラル分や有機物が長時間に亘り…

Bohemian Rhapsody

舊暦十月三日 映畫 "Bohemian Rhapsody"後半のLIVE AID、Wembley Stadiumでの20分にも及ぶライブシーン、涙でIMAXの巨大なスクリーンが滲んで見えなくなって仕舞った。上映終了後も脱力して仕舞って5分くらい席を立てず。作品の感想は野暮になるから書かない…

GODZILLA完結?

舊暦十月二日キングギドラではなく三體のギドラなのね。モスラもシャドーで一瞬出た。でも内容が一寸哲学的過ぎるかも。(-_-;)

シルト世界

舊暦十月朔日の堆積状況 今日のトレンチ。昨日の地点のすぐ近くだが、シルト層に少し粘り氣あったので掌で練り練りして、手捻りのテストピースを作ってみた。乾燥後七輪で焼いてみて、近隣出土の土師皿と胎土や發色を比較してみることにしたのだ。とは言って…

大トレンチ

舊暦九月三十日の高速掘削

日々是好日的

舊暦九月二十九日 「日日是好日」樹木希林遺作、になるのかしら。茶事と二十四節氣に従って進む静かな静かな作品。仙女の如き樹木希林の存在感と、黒木華獨特な和の雰囲氣が上手く溶け込んで、物語りを観てゐるのかお点前の稽古を見學してゐるのかわからなく…

調査準備

舊暦九月二十八日

移動日

舊暦九月二十七日 本宮山遠望 摩天樓霧中 「漢委奴國王」印のことではない 雨に洗はれてうつくしい 今回は1Fに潜伏出来て良かった。所謂ワンルームだが、今の香港なら家賃は10萬以上だらう。 香港ではない 「大名古屋式三色辯當」は左から一色産鰻飯、天む…

諸準備

舊暦九月二十六日

緊急来日?

舊暦九月二十五日の歸國便

澳門往来

舊暦九月二十四日

爵士拉麺女老板

舊暦九月二十三日の小村美樹ちゃん 念願叶ってやうやう、香港の「爵士拉麺」(ジャズラーメン)に行くことが出来ました。たいへん盛況の様子で、逞しく切り盛りする美樹ちゃんの姿を確認することが出来、感激&感涙いたしました。尖沙咀などの中心街からはち…

香港行き

舊暦九月二十二日

月の行方

舊暦九月二十一日

大なり小なり

舊暦九月二十日の動物園

黄昏磯

舊暦九月十九日の逆日の出

流石は雲中バーフバリ

舊暦九月十八日朝からラスボス感溢れる天氣雨。雲中浮游菩薩の氣配有り。 「バーフバリ」は幾世代にも亘る長大なる叙事詩なので感想も含めて内容を語ることはほぼ不可能だ。印度映畫と言ふ時点で既に突っ込み処満艦飾であるし、撮影&加工技術の飛躍的進歩か…

月の渚

舊暦九月十七日

秋の黄昏岬

舊暦九月十六夜

大名古屋榮〜伏見界隈

舊暦九月十五夜新生御園座は顔見世中白川公園の此の彫刻を見ると、某SF映畫を聯想して仕舞ふ。欅の森最上階に圓形構造を抱く高層建築は、昔中國でさんざん流行った時代遅れの設計だ。球體原理ノーベル賞受賞者たちの謎の手形モニュメントは頗る無粋で不要だ…

今も昔も

舊暦九月十四日

東海市藝術劇場にて

舊暦九月十三夜三度目の利用だが、どう考へても東海市に縁も所縁も無い童門冬二展示コーナーは不要!

明晰なる黄昏賛

舊暦九月十二日の月齢11.3余りの甘さに1cmほどの欠片で降参(-_-;)

平成最後の2001: A Space Odyssey

舊暦九月十一日のIMAX30年ぶりに観ても「金字塔」であった。

報道冩眞家久野武志の来訪とサンマの關系

舊暦九月十日の瓦割りとウレタン充塡工作

河豚炙る 炭火煙たし 月も消え

重陽節

西参河縦断重層記

舊暦九月八日

TOWER OF THE SUN

舊暦九月七日の太陽の塔 映画『太陽の塔』とは? 監督・関根光才に訊く6つのこと。 | ミーティア(MEETIA)

アンデス稲澤大須駆け

舊暦九月六日の東奔西走南船北馬